老眼最新の記事

老眼とは

老眼とは年齢とともに起こる現象のひとつで、近くのものが見えづらくなることのようです。
老眼の多くは40代半ばから徐々に症状が現れ、個人差はあるものの誰にでも起こりうる現象だそうです。
老眼による症状の誤解のひとつに、近視の人は老眼など関係ないというものがあります。近くのものに焦点を合わせやすいのが近視なので自覚し難いようですが、近視の人も例外なく老眼になるそうです。
老眼になると新聞や雑誌などが読みづらくなったり、字を書いたりする時に見づらいようです。
また遠くのものを見た後、すぐに近くのものを見る時も焦点合わせが遅くなり、ぼやけた印象を感じるようです。
老眼は誰でもなるものですから、見えづらくなった時は我慢せずに矯正すると良いようです。

老眼について

老眼による症状の誤解のひとつに、近視の人は老眼など関係ないというものがあります。近くのものに焦点を合わせやすいのが近視なので自覚し難いようですが、近視の人も例外なく老眼になるそうです。
カテゴリー
更新履歴
老眼とは(2009年6月24日)
老眼鏡による視力矯正(2009年6月24日)
老眼治療(2009年6月24日)
老眼をレーシック(2009年6月24日)